初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エリアスがシーズン初優勝

エリアスがシーズン初優勝

エリアスがシーズン初優勝

シリーズ第11戦ポルトガルGPの決勝レースは5日、エストリルで行われ、トニ・エリアスがセバスチャン・ポルトとのバトルを制して、シーズン初優勝。昨年10月のマレーシアGP以来となる通算9勝目を飾った。

ポールシッターのダニ・ペドロサは、オープニングラップでネジを踏み、リアタイヤに刺さった状態でランディ・ド・プニエにプレッシャーをかけたが、0.017秒差の4位でチェッカーフラッグを受けた。

アレックス・デ・アンジェリスが単走で5位。プライベートライダー部門で際立つパフォーマンスを見せるアンソニー・ウエストが、昨年王者のマヌエル・ポジャーリを抑え、肩を負傷しているホンダのプライベートライダー、アレックス・デボンが8位に入った。

青山博一は、序盤にコースアウトを喫して16位まで後退したが、9位までポジションを挽回。関口太郎は17位でフィニッシュしたが、松戸直樹は3ラップ前にピットボックスに戻り、リタイヤした。

チャンピオンシップは、ペドロサが13ポイントを加算してトップをキープしたが、ド・プニエが27ポイント差に、ポルトが36ポイント差に詰め寄った。

Tags:
250cc, 2004, GRANDE PREMIO MARLBORO DE PORTUGAL, RAC

Other updates you may be interested in ›