初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

125ccクラス サンデーガイド

125ccクラス サンデーガイド

125ccクラス サンデーガイド

アンドレア・ドビツィオーソ: シーズン6度目のポールポジション。前戦ポルトガルGPでリタイヤするまで、開幕から10戦連続してトップ4以内でフィニッシュ。

5メーカー: シーズン初めてトップ7グリッドに5メーカー(ホンダ、アプリリア、KTM、デルビ、マラグーティ)が並ぶ。

ロベルト・ロカテリ: 開幕戦以来のシーズン最高位タイの2番グリッド。00年にポール・トゥ・ウインとレース中の最速ラップをマーク。

ケーシー・ストーナー: シーズン6度目の1列目。昨年2位。

エクトル・バルベラ: 昨年の勝者。もし、前戦ポルトガルGPに続き連勝を飾れば、02年イギリスGPとドイツGPで連勝したアルノー・ヴァンサン以来の連勝者となる。

ミカ・カリオ: KTM2台が初めてトップ5グリッドに並ぶ。

ホルヘ・ロレンソ: 昨年、最速ラップをマークした直後にコースアウト。3戦連続表彰台獲得。

Tags:
125cc, 2004, CAMEL GRAND PRIX OF JAPAN, WUP

Other updates you may be interested in ›