初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エリアス、体重差を嘆く

エリアス、体重差を嘆く

エリアス、体重差を嘆く

トニ・エリアスがシリーズ第12戦日本GP(Camel Grand Prix of Japan)の決勝レース後、優勝したダニ・ペドロサの体重について、再び抗論を持ち出した。

レース終盤、エリアスはペドロサに逃げられ、2位でフィニッシュ。シーズン序盤にセバスチャン・ポルトがポイントリーダーの体重がアドバンテージだと訴え、有力3チームのチームディレクターがレギュレーション改善を強調していた。

「もう一度トップにつけて、優勝争いができたことに満足しているけど、終盤はペドロサの44キロと僕の57キロが勝負の明暗を分けたのは明らかだ。僕は全力を尽くした。ペドロサは僕よりも速くなかった」とレース後、複雑な表情で語った。

「厳しいレースだった。僕は高い戦闘力があったけど、どうすることもできなかった。だけど、残りの4戦に挑戦する。僕にとって何か変更しなければとても難しい。今日のレースで明らかだったように、僕はいい走りをしたけど、優勝争いをすること事態が不可能な状態だった。」

フォルトゥナ・ホンダのチームディレクターであるダニ・アマトリアインは、レギュレーション変更を強調した。

「今日のレースで、250ccクラスの将来を検討することが必要になりました。ポルト、ド・プニエ、ロルフォ、フォンシやトップから離されたライダーたちは、その考えに否定的ではありません。」

「規律委員会にこの状況を検討してもらうように働きかけたいです。既に全チームへ私たちの考えを相談しました。素晴らしいレースをしたトニを祝福したいです。」

Tags:
250cc, 2004, CAMEL GRAND PRIX OF JAPAN

Other updates you may be interested in ›