初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

左肘を脱臼したケニー・ロバーツ

左肘を脱臼したケニー・ロバーツ

左肘を脱臼したケニー・ロバーツ

ケニー・ロバーツは、多重クラッシュで最も重傷を負った1人だった。左肘を脱臼した00年王者は、100%の状態まで完治するまで復帰はせず、2週間後の次戦カタールGPには欠場することに認めた。

「いいスタートだったのか、悪いスタートだったのか覚えていないけど、ミスを犯してしまった」と振り返ったケニー。「数人のライダーが次々とクラッシュして行った。ビアッジが僕にぶつかって来たと思う。彼のリアタイヤとシャーシの間に左腕が巻き込まれてしまった。」

「首を少し火傷し、右腕がマフラーに引っ掛かった。腕を引き抜こうとした時、もう痛みはなかった。曲げることはできたけど、手に激しい痛みを覚えた。だから、神経は痛めなかったようだ。」

「コーリンがグローブを外すのを手伝ってくれた。メディカルセンターに着き、レントゲンを撮って、医師団が15秒ほどで肘を元の位置に入れ直してくれた。激痛だったけど、まだ痛い。」

「回復するのに数週間は必要だと診断された。身体の左側は脱臼で痛いし、右側は火傷で痛い。それ以外は、大丈夫だ。」

「ゆっくりした転倒だったけど、このようなことも起こる。他のライダーは無事なことこを祈る。」

Tags:
MotoGP, 2004, CAMEL GRAND PRIX OF JAPAN, Kurtis Roberts

Other updates you may be interested in ›