初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ:「6番手。そんなに悪くない」

ロッシ:「6番手。そんなに悪くない」

ロッシ:「6番手。そんなに悪くない」

バレンティーノ・ロッシは、新設のロリイリ・インターナショナル・サーキットに順応するのに苦労したことを認めた。

暫定ポールポジションのルベン・チャウズから、1.965秒遅れの6番手で初日を終えたロッシは、「とても変な1日だった」と語った。「コースもレイアウトも、とても好きだ。コース幅があり、テクニカル。そして、コースがずごく整備されていて、バンピーじゃない。難しいセクションも、高速セクションもあり、実にライディングを知らなければいけないコースだ。」

「問題は砂でグリップがないことだ。午前中のフリー走行では、まるでウェットのようだったけど、午後には大きく改善した。明日の朝、どのような状態になっているのか、興味深い。もし、風が吹けば、1から再スタートだし、苦労するだろう。」

「とにかく、ここでは幾つかの問題がある。重要な問題は、フロントのセッティングとグリップ。好きなように速く走れない。ブレーキポイントを探している時に、コースアウトしてしまった。ポイントを探すのに、すごく苦労した。最後は予選タイヤを使用しなかったから、僕のラップタイムはいいと思う。」

「チャウスとエドワーズは、とても速かった。僕は6番手。そんなに悪くない。チャンピオンシップのライバルたちも、だいたい似たようなポジションだ。」

Tags:
MotoGP, 2004, MARLBORO GRAND PRIX OF QATAR, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›