初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ルッキ、ポジャーリの代役参戦

ルッキ、ポジャーリの代役参戦

ルッキ、ポジャーリの代役参戦

アプリリアは、負傷したマヌエル・ポジャーリの代役にマルセリーノ・ルッキを次戦マレーシアGPに起用することを発表した。

アプリリアの開発ライダーを務める46歳のベテランライダーは、過去何度もアプリリアからワイルドカードライダーとして世界舞台に参戦。98年イタリアGPでは優勝を挙げた経験もある。

「僕が数年間開発したバイクとマヌエルのバイクは非常に似ている」と語るルッキは、250ccクラスで通算5度の表彰台を獲得。現在はキューブの開発に専念している。「ベストな性能が発揮できる今、僕はエンジン特性に適応して、理想的な感触を見つけることが重要だ。ずっとキューブをテストしているから、ライディングスタイルを調整しないといけないだろう。」

46歳の高年齢ながら、ルッキは自転車トレーニングで1日100キロを走るなど、高湿高温のマレーシアGPに挑む体力を維持していることを強調した。「フィジカル面には自信がある。トレーニングは継続しているし、通常のキューブの開発テストで走り込みもしている。」

「マヌエルの災難を残念に思う。一日も早く回復してほしい。彼にとっては不運だったし、僕はこんな形で代役を務めることになるとは思ってもないかった。」

Tags:
250cc, 2004, MARLBORO GRAND PRIX OF QATAR

Other updates you may be interested in ›