初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ホプキンス:「最悪のセッションだった」

ホプキンス:「最悪のセッションだった」

ホプキンス:「最悪のセッションだった」

ポルトガルGPと日本GPで好パフォーマンスを見せていたジョン・ホプキンスは、シリーズ第13戦カタールGPの予選2日目を終え、「シーズンで最悪のセッションだった」と失望していた。

「バイクの進歩を考えれば、シーズンで最悪のセッションだったと言わなければいけない」と嘆くアメリカンライダーは、トップから0.956秒遅れの11位だった。「エンジンに問題が発生してしまい、残り半分のセッションをもう1台で続けなければいけなかった。」

「そのバイクは全然異なったセッティングで、適切でなかった。それに、なかなか煮詰められなかった。レースタイヤで全く何にもできず、グリッドを少しでも上げようと思って、予選タイヤを履いたけど、それも上手く行かなかった。チームが一生懸命に仕事をしたけど、期待していたグリッドを獲得するための時間がなかった。」

Tags:
MotoGP, 2004, MARLBORO GRAND PRIX OF QATAR, John Hopkins

Other updates you may be interested in ›