初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソが最速ラップで歴史的な勝利

ロレンソが最速ラップで歴史的な勝利

ロレンソが最速ラップで歴史的な勝利

シリーズ第13戦カタールGPの決勝レースが2日、ロサイリ・インターナショナル・サーキットで行われ、ポールポジションのホルヘ・ロレンソがアンドレア・ドビツィオーソとの熾烈なバトルを制した。

気温37度、路面温度59度のコンディションの中、ティーエンジャー対決は、ゴールラインまで繰り広げられ、同時にフィニッシュ。両雄のタイム差は、0.000秒だったが、18ラップのレース中にロレンソがドビツィオーソよりも速いラップタイムをマークしたことから、シーズン3勝目を飾った。

12番グリッドから優勝争いを繰り広げていたアルバロ・バウティスタだったが、ラスト2ラップにミスを犯し、3位でフィニッシュ。前戦日本GPで初の表彰台を獲得したファブリツィオ・ライが、パブロ・ニエトを抑えて5位でゴール。前戦を左肩鎖骨骨折で欠場したフィリアン・シモンが7位。22番グリッドからスペクタクロなポジション奪取を果たしたジーノ・ボルソイが8位に入った。

タイトル争いを続けるエクトル・バルベラは12位。ロベルト・ロカテリはスタートで出遅れ、一時は最後尾まで後退。ポイント圏外の20位でゴールした。

ホールションを奪ったケーシ・ストーナーは、レースをリードしていたが、6ラップ目にリアブレーキのトラブルに見舞われ、6戦連続の0ポイントに終わった。

チャンピオンシップは、ドビツィオーソが20ポイントを加算して通算228ポイントに達すると、バルベラに61ポイント差、3位に浮上したロレンソに69ポイント差、ロカテリに72ポイント差とアドバンテージを広げ、次戦マレーシアGPで初タイトル獲得に王手をかけた。

Tags:
125cc, 2004, MARLBORO GRAND PRIX OF QATAR, RAC

Other updates you may be interested in ›