初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エリアス、アクシデントを乗り越えれ6位フィニッシュ

エリアス、アクシデントを乗り越えれ6位フィニッシュ

エリアス、アクシデントを乗り越えれ6位フィニッシュ

トニ・エリアスにとって、シリーズ第13戦カタールGPは、運に見放されてしまったが、その中でスペクタクロなポジション奪回を見せて、最終的に6位でフィニッシュした。

決勝レース直前のウォームアップ中に、右膝プロテクターが外れるアクシデントに見舞われ、ピットボックスに帰還。新しいプロテクターを装着したが、ピットレーンからのスタートを余儀なくされた。

「スタート前に右膝のプロテクターを失ってしまった。ピットボックスに戻って、ピットレーンからのスタート。これが最初の障害だった。」

「5ラップ目に、またプロテクターが外れてしまい、仕方なく、そのままの状態で走ったけど、途中でレーシングスーツが切れ始めてきたから、それ以上は無理して走ることはできなかった。ここでは、プロテクターが必需品だったのに。」

「本当にハードなレースだった。ピットレーンからスタートし、この自然環境のハードコンディションの中でポジションを巻き返さなければいけなかった。もし、何もアクシデントが起こらなければ、表彰台は獲得できただろう。4位まで挽回できたけど、終盤は右コーナーの進入が思うようにできず、どうしようもできなかった。」

Tags:
250cc, 2004, MARLBORO GRAND PRIX OF QATAR

Other updates you may be interested in ›