初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ポンス、ペナルティを批判

ポンス、ペナルティを批判

ポンス、ペナルティを批判

ホンダ・ポンスのチームディレクターであるシト・ポンスは、シリーズ第13戦カタールGPの決勝レース直前にレースディレクションがマックス・ビアッジに対して、予選タイムに6秒を加算するペナルティを科せたことを批判した。

「マックスは、厳重なペナルティを科せられ、グリッドの最後尾からスタートしました」とレース後、スペイン人ディレクターは説明する。「チームは、新設のサーキットで実施していたことを実行しました。今回、コースは砂埃で覆われていたことは明白です。」

「グリッドポジションを清掃することは、ライダーの安全面を独占的に考慮した行為で、この予想された行動は、大会運営側が実行しなければいけません。特に、スターティンググリッドの場所では必要です。私達は、ライダーの安全を保障するために、清掃を実施しました。」

「ペナルティを科せられたグリッドから、マックスは上位陣に接近するポジション奪回を見せました。残念だたのは、最終ラップにコースアウトしてしまい、ポジションを1つ落としてしまったことです。」

Tags:
MotoGP, 2004, MARLBORO GRAND PRIX OF QATAR, Max Biaggi

Other updates you may be interested in ›