初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エドワーズ:「チャンスを信じていた」

エドワーズ:「チャンスを信じていた」

エドワーズ:「チャンスを信じていた」

コーリン・エドワーズが、初開催となったシリーズ第13戦カタールGPで、「必ずチャンスがあると信じていた」と語ったように、10番グリッドから最速ラップを連発。第9戦イギリスGPに続き2度目の表彰台を獲得した。

「チームとミシュランのおかげで、素晴らしいレースウィークとなった。新設のサーキットだから、みんなの条件は一緒。必ずチャンスがあると信じていたし、その通りの結果になった」と快心の笑みでレースを振り返ったアメリカンライダーは、ポイントランクでもホンダの動労であるアレックス・バロスと玉田誠をかわして、4位に浮上した。

「今日はクラッチに問題があって、いいスタートが切れなかった。だから、レースラインを外さずにポジションを上げることに苦労した。いいリズムで走れていたし、チェカを抜いて2位に浮上した後もプッシュした。優勝したセテを祝福したい。」

Tags:
MotoGP, 2004, MARLBORO GRAND PRIX OF QATAR

Other updates you may be interested in ›