初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ、低迷脱出へ

ドゥカティ、低迷脱出へ

ドゥカティ、低迷脱出へ

日本GP、カタールGPと2戦連続0ポイントに終わったドゥカティのファクトリーチーム、ドゥカティ・マールボロは、低迷脱出へ自信を持ってマレーシア入りした。

「ここ2戦は、上手く行きませんでした」と説明し始めるチームディレクターのリビオ・スッポ。「しかし、わたしたちの時が時期にやって来ることを信じています。チームの士気は引き続き高く、バイクはよく走り、ライダーたちはバトルへの意欲に満ちています。旋風を起こすに相応しいレースウィークとなるでしょう。」

昨年、トロイ・ベイリスは初めてセパンに挑戦。赤道に最も近い高温多湿のグランプリサーキットで、9位でフィニッシュした。

「セパンはカタールのように、暑く、厳しいレースとなるだろう。正真正銘の耐久レースだ」とオージーライダーはシリーズ第14戦を予想する。「湿気が常に高いけど、暑さについてはカタールGPの後だけに、だいぶ慣れている。」

「セパンとカタールの大きな違いは、天候だ。突然、豪雨が訪れる。」

「コースは高速で、流れるようなコーナーが多いから、僕は苦にならない。それに、コース幅がある。これは、コーナーへの進入スペースが広いからレースには好都合だ。もうそろそろ僕たちに運が巡って来るころだから、今週末のレースが楽しみだ。」

Tags:
MotoGP, 2004, MARLBORO MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›