初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ、M1デビュー舞台へ

ロッシ、M1デビュー舞台へ

ロッシ、M1デビュー舞台へ

ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシは、前戦カタールGPでのシーズン2度目の転倒リタイヤのストレスを晴らす絶好の舞台、セパン・インターナショナル・サーキットに乗り込む。

ロッシはホンダからヤマハに移籍後、初のM1テストをマレーシアのサーキットで実施。さらに、昨年はポール・トゥ・ウインで最高峰クラスの3連覇を達成した。

「カタールGPの結果には、本当にがっかりだよ。だけど、ケガをしなかったのは不幸中の幸いだったから、マレーシアGPに向けて集中して臨めるし、前戦のことを忘れたい」と抱負を語るロッシ。

「他のサーキットと比較して、セパンにはアドバンテージがある。僕たちは今年の初めに2度ほど、ここでテストを実施した。このコースの幾つかのデータがあるという意味だ。」

「だけど、当時よりもバイクは進歩した。とにかく、理想的なセッティングを見つけて、いいグリッドを獲得できることに役立つはずだ。」

「ここは高速コースで、2つのロングストレートがある。それに、高温高湿のコンディションだ。だけど、僕は比較的に楽観視している。カタールよりも厳しくないことは確かだ!」

「セパンは、過去に2勝を挙げたいい思い出がある。昨年はパーフェクトだった。ポールポジションから優勝して、タイトルを獲得した。それに、3年連続して表彰台を獲得している。今回はタイトルを獲得できないけど、アドバンテージを広げたい。」

Tags:
MotoGP, 2004, MARLBORO MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›