初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

チェカ:「自信を持って臨む」

チェカ:「自信を持って臨む」

チェカ:「自信を持って臨む」

カルロス・チェカは、冬期プレシーズンに2度のテストを実施したセパン・インターナショナル・サーキットに戻ってきた。シャーアラムからジョホールを経て、99年からセパンで開催されるようになったマレーシアGPで過去に2度の2位を獲得。昨年はヤマハ最高位となる2番グリッドから、5位でフィニッシュした。

前戦カタールGPでは、未知のコースへの素早い順応力を発揮して、02年9月のポルトガルGP以来となるポールポジションを奪取。決勝レースでは単独3位走行中にマシントラブルのためにリタイヤを強いられたが、「完走できなかったのは残念だったが、マレーシアには自信を持って臨める」ことを強調した。

「僕のクルーと僕はとても高いレベルで仕事を進めている。カタールではレース中にいいペースで走れることを証明した。コーリンにはついて行けなかったけど、日曜のレースではトップグループで走ることが僕の目標だ。」

「カタールでとても機能したセッティングでスタートする。カタールのように、コンスタントに走り、上位争いができることを期待している。」

Tags:
MotoGP, 2004, MARLBORO MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›