初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドビツィオーソ、優勝だけを狙う

ドビツィオーソ、優勝だけを狙う

ドビツィオーソ、優勝だけを狙う

ポイントリーダーのアンドレア・ドビツィオーソが、明日の決勝レースはタイトル獲得を考えずに、ただ勝利だけを狙うことを強調した。

シーズン7度目のポールポジションからスタートする18歳のイタリアンライダーは、トップ3=表彰台を獲得すれば、歴代4番目の若さでチャンピオンに耀く。

「僕は125ccクラスのライダーだ。MotoGPのライダーでも、250ccクラスのライダーでもない。全戦に勝ちに行き、勝つだけだ」と語るドビツィオーソは、2番グリッドのエクトル・バルベラに0.892秒差をつけ、圧倒的な速さを見せた。「僕がこのクラスでベストライダーであることを世界中に証明したい。それをアピールする手段は、明日のレースで勝つこと。だから、僕は勝つことだけに集中している。」

「実は、ここでこんなに速く走れるとは思ってもいなかった。過去に2度セパンに挑んだけど、トップ10を果たしたことがないんだ(昨年13位、02年15位)。だから、このポールポジションは驚きだよ。」

「今シーズン、幾つかのレース終盤は接戦だった。前戦は歴史的なフィニッシュだったね。最終ラップで激しいバトルも何度もあった。だから、もしチャンスがあれば、ライバルたちを引き離して独走したい。だけど、最終コーナーを制してタイトルを獲得するのが、もしかしたら最高の形かもしれないね。」

Tags:
125cc, 2004, MARLBORO MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, QP2, Andrea Dovizioso

Other updates you may be interested in ›