初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エリアス:「タイトル争いのことは把握していた」

エリアス:「タイトル争いのことは把握していた」

エリアス:「タイトル争いのことは把握していた」

トニ・エリアスは、シリーズ第14戦マレーシアGPの決勝レースで、セバスチャン・ポルトとのサイド・バイ・サイドの熾烈なバトルをゴールラインまで繰り広げ、3位でフィニッシュ。シーズン7度目の表彰台を獲得した。

「ポルトはレース中ずっと速かったし、安定していた。彼の弱点を見つけようと後ろから観察して攻略法を考えていたけど、唯一のチャンスはストレートエンドの最終コーナーしかないことは分かっていた。だけど、そのポイントの前に数メートルほど引き離されてしまい、突っ込む余地がなかった」と0.072秒差で3位となったエリアスはレースを説明した。

「3位はいいポジションだ。もう一度表彰台を獲得できたことは重要だし、僕たちの仕事の方向性は正しいと思う。」

「ダニはすごく速かった。彼に追いつくことは不可能だった。」

「もちろん、タイトル争いのことは把握していたし、ダニがチャンピオンになるために、僕は2位でフィニッシュするために全力を尽くした。」

「ホンダからの指示はなかった。ピットボードに『OK3P』と指示があったのは、チームの戦略だった。何度か2位に立ったけど、ポルトを引き離せなかったし、彼の後ろで走った方が楽だった。だから、13ラップ目で彼に前に行くようにジェスチャーしたんだ。」

「誰がどう考えようとかまわない。僕の目標は2位になることだったんだ。」

Tags:
250cc, 2004, MARLBORO MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›