初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ、タイトル獲得へあと2ポイント

ペドロサ、タイトル獲得へあと2ポイント

ペドロサ、タイトル獲得へあと2ポイント

ダニ・ペドロサは、シリーズ第14戦マレーシアGP前、ポイントランク2位のセバスチャン・ポルトに8ポイント差をつければ、2年連続2クラス制覇となるところだったが、最終的に250ccクラスのタイトルの行方は、悲劇の舞台へと持ち越された。

ポイントリーダーは、11度目の1列目から周回ごとに1秒ずつアドバンテージを開き、独走で6勝目。昨年125ccクラスのタイトル獲得の再現に向けて、自分の課題を最高の形で実行したが、ポルトがトニ・エリアスとのバトルを制して2位に入ったために、タイトル獲得とはならなかった。

「トニがポルトを交わすことを期待していた。とにかく、ファンタスティックなレースだったし、すごく嬉しいよ」と史上最年少2冠達成まで、あと2ポイントとなった19歳のスパニッシュライダーはレースを振り返った。

昨年新王者として臨んだオーストラリアGPは、予選初日のフリー走行中にクラッシュを喫して、両足首を骨折。今シーズン開幕直前まで、リハビリを行っていたことから、ほとんど250ccバイクをテストできなかった。

「これからも集中して仕事を続けないと。昨年のこともあるからね。レースに勝ったからと言って、浮き足になると、足元を滑らすものだ。僕は悪夢の思い出を打ち消しに行くよ。それから、手術してくれたドクターたちに元気な姿を見せるために入院した病院を訪れたい。」

Tags:
250cc, 2004, MARLBORO MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›