初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソ、電気系トラブルで離脱

ロレンソ、電気系トラブルで離脱

ロレンソ、電気系トラブルで離脱

ホルヘ・ロレンソは、前戦カタールGPのパフォーマンスを再現できずに、セパン・サーキットを後にした。砂漠バトルとなった初開催のロサイリ・サーキットでは、デルビのバイクはトラブルなしで乗り切り、歴史的なポール・トゥ・ウインを飾ったが、今回は5位走行中の10ラップ目に電気系トラブルに見舞われ、戦列離脱を強いられた。

「本当に残念だよ。今回のレースには期待していていたのに。レースウィーク中はいろいろなトラブルが発生して、全く速く走れなかったし、乗り心地がずっと悪かった。」

ポイントランク4位のスパニッシュライダーはシーズン4度目の0ポイントに終わったが、ランク2位のロベルト・ロカテリに10ポイント差。ランク3位のエクトル・バルベラに8ポイント差と射程圏内に位置している。残り2戦50ポイントのバトルで、ランク2位を狙うことを誓った。

「デルビのバイクは、開幕からの2戦を除けば、ここまではすごく走っていた。壊れることはなかったんだ。今日はトラブルが起こってしまったけど、5日後には次戦が始まる。気持ちを切り替え、この後味の悪さを早く消したい。そして、少しでも上のランクでシーズンを終えたい。」

Tags:
125cc, 2004, MARLBORO MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›