初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

回想: 03年オーストラリアGP 250ccクラス決勝レース

回想: 03年オーストラリアGP 250ccクラス決勝レース

回想: 03年オーストラリアGP 250ccクラス決勝レース

03年10月19日、フィリップアイランド・グランプリ・サーキットで行われたシリーズ第15戦オーストラリアGPは、ウェットからドライへ路面コンディションが変わる中、ロベルト・ロルフォがシーズン2勝目を飾り、最終戦バレンシアGPにタイトル獲得の望みをつないだ。

2番グリッドのセバスチャン・ポルトのコースアウトで幕が開けたレースは、8番グリッドからスタートしたロルフォがオープニングラップを奪うと、3ラップ目には後続に8秒差と引き離し、独走で優勝した。

地元オーストラリアンライダーのアンソニー・ウエストは、単独走行で2位を獲得すれば、フォンシ・ニエトがランディ・ド・プニエとの3位争いを展開。ド・プニエがラスト2ラップに転倒し、ニエトが2戦連続の表彰台を獲得した。以下、フランコ・バッタイーニ、アレックス・デボンが続き、松戸直樹が6位に入った。

ポイントリーダーのマヌエル・ポジャーリは、決して無理をしない走りに徹して9位完走。逆転タイトルを狙ったポールポジションのトニ・エリアスは、スタートから大きく出遅れて一時は18位までポジションを落としたが、11位でフィニッシュ。ポジャーリとのポイント差が27に広がり、タイトル獲得の可能性を失った。

Tags:
250cc, 2004, CINZANO AUSTRALIAN GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›