初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ベイリス、ドゥカティ離脱を表明

ベイリス、ドゥカティ離脱を表明

ベイリス、ドゥカティ離脱を表明

トロイ・ベイリスは来シーズン、ドゥカティを駆けないことを発表。イタリアンファクトリーが今シーズン末に満期となる契約を延長しないことから、オージーライダーは地元グランプリを前に、ドゥカティ離脱とMotoGPクラスへの継続参戦する意志を説明した。

「ドゥカティのみんなにとって困難だった。今年はたくさんのことを期待していたけど、実際にはそうならなかった。機能し始めるようになるまでに半年は必要だった。しかし、そこからは少し運がなく、僕は引き続き幸運から見放されている。来年はドゥカティを続けないことは分かっていたからだ。」

「まるで最後の一撃だった。厳しい1年で、できることは全てやり尽くした。ドゥカティで本当に長く走り、もし毎戦に勝っていたら、全く違い展開となっていただろうけど、そうならなかった。こうなることも分かっていた。」

「だけど、僕が残りの2戦でクリージングをすると言うことではない。僕は常にできることに全力を尽くしている。レース後も僕たちはサーキットに延滞してテストを実施し、このバイクを進歩させるために全力を尽くしたい。」

「ドゥカティを保証するバイクを作り上げることは間違いないけど、その開発過程に参加できないことは残念だ。」

「僕の可能性に、まだ上に到達することができる自信がある。僕はライダーであり、他のライダー同様に自分に自信を持っている。MotoGPに続けて参戦したい。これまで、自分にはその力があることを証明したきたと思う。時間が答えをもたらすだろう。」

「今後どうなるかは分からないけど、来週、もしくは再来週には他のライダー同様に、僕の将来もハッキリするだろう。これは人生の巡り合わせで、全てはベストな方向に解決するだろう。」

Tags:
MotoGP, 2004, CINZANO AUSTRALIAN GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›