初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

チェカ、個性的な方法で準備万端

チェカ、個性的な方法で準備万端

チェカ、個性的な方法で準備万端

MotoGPライダーの中で最も活動的なカルロス・チェカが、オーストラリア滞在を利用して、趣味の1つであるパラシュートを楽しんだ。

「オーストラリアではいつも楽しい時間を過ごすことができるよ。美しく、自然をいっぱん感じるところだ」と標高3.500mから飛び降りたスパニッシュライダーは、リオGP前にもコルコバードの丘を登っていた。「コースでのアクションを前に、このような体験をするのが好きなんだ。エキサイティングだったよ。僕のリラックス方法でもあるんだ。」

明日の予選初日に32歳の誕生日を迎えるチェカは、冬期テストで走り込んだフィリップアイランドでシーズンベストリザルトを狙うことを誓った。「フィリップアイランドの唯一の問題は、すごく寒いこと。プレシーズンに2度のテストを実施したから、そのことがレース準備に役立つだろうけど、セパンの時のように、バイクが当時よりも大きく進歩した。」

「コースは高速。セパンでは高速セクションに問題があったから、まずはこの点を解消しないと。高速コーナー対策とセパンで得られなかったグリップ力の向上に取り組んで行く。」

「セパンで使用したセッティングがベースとなり、タイヤを確認する。シーズンのベストリザルトを獲得したい。上位で走れる手応えがある。」

Tags:
MotoGP, 2004, CINZANO AUSTRALIAN GRAND PRIX, Carlos Checa

Other updates you may be interested in ›