初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

伏兵ボルソイがトップ

伏兵ボルソイがトップ

伏兵ボルソイがトップ

シリーズ第15戦オーストラリアGPの予選初日が15日、フィリップアイランド・サーキットで行われ、日曜の決勝レースで通算125戦目を迎えるジーノ・ボルソイが、シーズン初めてセッションを制した。

気温15度。路面温度29度のコールド&ドライコンディションの中、30歳のジーノ・ボルソイが前戦マレーシアGPで初タイトルを奪取したアンドレア・ドビツィオーソを0.337秒差で抑える1分38秒834をマーク。01年6月のオランダGP以来となる2度目のポールポジション獲得に向けて、好スタートを切った。

午前中のレインコンディションで行われたフリー走行では2位以下に2.8秒と圧倒的な速さを見せていた前戦勝者のケーシー・ストーナーは、3番手スタート。ミルコ・ジャンサンティが暫定1列目を確保した。

タイトル争いに決着がつき、注目が集まるポイントランク2位争いは、エクトル・バルベラ、ホルヘ・ロレンソ、ロベルト・ロカテリの3人が暫定2列目に並び、通算150戦目を迎えるステファーノ・ペルジーニが8番手。昨年勝者のアンドレア・バレリーニが10番手に入った。

Tags:
125cc, 2004, CINZANO AUSTRALIAN GRAND PRIX, QP1

Other updates you may be interested in ›