初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ、タイトルに向けて順調な滑り出し

ロッシ、タイトルに向けて順調な滑り出し

ロッシ、タイトルに向けて順調な滑り出し

バレンティーノ・ロッシ&ヤマハは、タイトル獲得に向けて順調なスタートを切った。ポイントリーダーはプレシーズンで走り込んだフィリップアイランドで、ライバルのセテ・ジベルナウに0.378秒差のアドバンテージをつけて、暫定ポールポジションを奪取した。

「1分30秒台の好ラップをマークできて満足だ」と開口一番にセッションを振り返ったロッシ。「午前中のフリー走行は、ウェットコンディションの中で上手く走れたし、ドライでもフィーリングは良かった。」

「予選用タイヤでスムーズに走れたけど、レース用タイヤでは、特に高速コーナーでのベースセッティングをもう少し良くしないといけない。今週末はプレッシャーが高いから、それをポジティブなエネルギーに転換することが必要だ。」

「僕のピットクルーの多くがオーストラリア出身だから、彼らにとっても重要なレース。集中力を高めて取り組んで行きたい。」

チームマネージャーのダビデ・ブリビオは、ロッシのレースペースに手応えを掴んでいた。「バレンティーノがトップに立ち順調なスタートを切りました。ここへ来てからベースのセッティングを変更しましたので、まだ調整が必要です。」

「ベストの状態にはまだ達していない段階ですが、ラップタイムはすでにコースレコードに接近しています。今日は午前中に雨が降りましたが、ここまで仕上げて来ました。」

Tags:
MotoGP, 2004, CINZANO AUSTRALIAN GRAND PRIX, QP1, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›