初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

チャカ、近日中に来季について発表を約束

チャカ、近日中に来季について発表を約束

チャカ、近日中に来季について発表を約束

カルロス・チェカは、来シーズンの就任について、近日中に決定することを説明した。スパニッシュライダーは6年間所属したヤマハから今シーズン末に離脱。後任にはコーリン・エドワーズが決定したことが発表されたばかりだった。

「ヤマハは来シーズン、コーリン・エドワーズの起用と、僕との6年間の関係に幕を閉じることを正式に発表した。」

「僕はこのレースだけに集中したい。そして、今言えることは環境を換えることが必要で、近日中に将来のことが決定する。」

予選セッションに関しては、ラストアラック中に転倒。13位と低迷した。「ラスト10分間は最低だった。トップ5入りしなければいけないところ、13位で終わってしまった。」

「セッションスタートから11分の時点で、15位から5位に浮上。そこから、ラスト15分まではポジションをキープしただけでなく、すごく乗れていた。ラスト2回目のコースインでタイムアップができず、ラスト4ラップができる時間を残して、タイヤ交換のためにピットインした。」

「ラストラップでベストタイムを狙った時、突然バイクが行ってしまい、転んでしまった。幸いにダメージはないし、明日は問題なくグリッドに立てる。上位陣から離されないためにも、スタートが重要だ。」

Tags:
MotoGP, 2004, CINZANO AUSTRALIAN GRAND PRIX, QP2, Carlos Checa

Other updates you may be interested in ›