初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

250ccクラス新王者ダニ・ペドロサのプロフィール

250ccクラス新王者ダニ・ペドロサのプロフィール

250ccクラス新王者ダニ・ペドロサのプロフィール

生年月日: 1985年9月29日 19歳
生誕地: スペイン・サバデル

GPデビュー: 01年日本GP125ccクラス
初ポールポジション: 02年日本GP125ccクラス
初レース最速ラップ: 02年パシフィックGP125ccクラス
初表彰台: 01年バレンシアGP125ccクラス
初勝利: 02年オランダGP125ccクラス

GP通算スタート: 61回(01年:16回、02年:16回、03年:14回、04年:15回)
125ccクラススタート: 46回
250ccクラススタート: 15回

GP通算勝利数: 14回
125ccクラス勝利数: 8回(02年:オランダGP、パシフィックGP、バレンシアGP、03年:南アフリカGP、フランスGP、カタルーニャGP、チェコGP、マレーシアGP)
250ccクラス勝利数: 6回(04年:南アフリカGP、フランスGP、ドイツGP、イギリスGP、日本GP、マレーシアGP)
2位: 9回(125ccクラス:4回、250ccクラス:5回)
3位: 6回(125ccクラス:5回、250ccクラス:1回)

GP通算表彰台獲得数: 29回(125ccクラス:17回、250ccクラス:12回)
ポールポジション: 12回(125ccクラス:9回、250ccクラス:3回)
レース最速ラップ: 12回(125ccクラス:7回、250ccクラス:5回)

ワールドチャンピオン: 03年125ccクラス
ワールドチャンピオン: 04年250ccクラス

通算獲得ポイント数: 858ポイント

パーソナルデーター

幼い頃からポケットバイクを親しみ、97年12歳の時にポケットバイク選手権を制覇したが、経済的な問題からレースへの参戦が困難となった。その時、電話通信会社テレフォニカの支援の下、アルベルト・プーチをリーダーとしてスペイン国内のタレントを発掘するプロジェクトがスタート。ペドロサに新しいチャンスが生まれた。

99年モビスター・アクティバ・カップでのパフォーマンスが認められ、00年スペイン選手権に初参戦。ランク4位に耀き、01年には、プーチ率いるチームからトニ・エリアスとジョアン・オリベと共に世界舞台に初挑戦することが決まった。

15歳で臨んだ初シーズンは、2度の表彰台を獲得。フル参戦2年目はランク3位。そして、03年には125ccクラス史上2番目の若さでタイトルを獲得した。

初タイトル獲得から5日後のオーストラリアGP予選初日のフリー走行中に転倒。両足首を骨折して、250ccクラス初シーズン前にはリハビリのために、ほとんどテストができなかったが、開幕戦南アフリカGPで優勝。そして、辛い思い出のオーストラリアGPで中量級のタイトルを獲得した。

GPキャリア:

2001年: 開幕戦日本GP125ccクラスでデビュー(ホンダ/テレフォニカ・モビスター・ジュニア・チーム)。ランク8位(100ポイント)

2002年: フル参戦2年目(ホンダ/テレフォニカ・モビスター・ジュニア・チーム)。ランク3位(243ポイント)

2003年: フル参戦3年目(ホンダ/テレフォニカ・モビスター・ジュニア・チーム)。ランク1位(223ポイント)

2004年: 250ccクラス初シーズン(ホンダ/テレフォニカ・モビスター・ホンダ250)。16戦中15戦でランク1位決定(292ポイント)

その他のデーター:

250ccクラス史上最年少王者(19歳と18日)

開幕戦南アフリカGPで250ccクラス史上最年少優勝者

250ccクラス初シーズンで15戦中表彰台を逃したのは、雨の第2戦スペインGPでの転倒と第11戦ポルトガルGPのパンク(4位)の2戦のみ。

1960年カルロ・ウビアーリ以来、2年連続2クラス制覇。

Tags:
250cc, 2004, CINZANO AUSTRALIAN GRAND PRIX, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›