初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

新王者ドビツィオーソ、大接戦を制す

新王者ドビツィオーソ、大接戦を制す

新王者ドビツィオーソ、大接戦を制す

シリーズ第15戦オーストラリアGPの決勝が17日、フィリップアイランドで行われ、3人の熾烈なバトルを新王者アンドレア・ドビツィオーソが制し、シーズン5勝目を飾った。

気温13度。路面温度18度のドライコンディションの中、オープニングラップから前戦で初タイトルを獲得したドビツィオーソと後半戦2勝のホルヘ・ロレンソ、前戦勝者のケーシー・ストーナーのサイド・バイ・サイドのバトルが展開。これまでとは戦略を変更して、積極的にイニシアティブを握った新王者が、0.123秒差で2人を抑え、ロレンソが写真判定で2位を獲得した。

ポールポジションのロベルト・ロカテリは、一時トップグループに追いついたが、最後は引き離されて4位でフィニッシュ。3人の5位争いは、スティーブ・イェンクナーが、エクトル・バルベラを0.079秒差で抑え、ジーノ・ボルソイが7位でゴールした。

8人の8位争いは、日本GPで右足を負傷したマイク・ディ・ミッリオが制し、アルバロ・バルベラが23番グリッドから9位に浮上。セルジオ・ガデアが初めてトップ10入りを果たした。

ポイントランク2位争いはロカテリが182ポイントで、ロレンソに3ポイント差、バルベラに5ポイント差をつけた。

Tags:
125cc, 2004, CINZANO AUSTRALIAN GRAND PRIX, RAC

Other updates you may be interested in ›