初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGPクラス新王者バレンティーノ・ロッシのプロフィール

MotoGPクラス新王者バレンティーノ・ロッシのプロフィール

MotoGPクラス新王者バレンティーノ・ロッシのプロフィール

生年月日: 1979年2月16日 25歳
生誕地: イタリア・ウルビーノ

GPデビュー: 96年マレーシアGP125ccクラス
初ポールポジション: 96年チェコGP125ccクラス
初レース最速ラップ: 96年フランスGP125ccクラス
初表彰台: 96年オーストリアGP125ccクラス
初勝利: 06年チェコオランダGP125ccクラス

GP通算スタート: 139回
125ccクラススタート: 30回
250ccクラススタート: 30回
500cc/MotoGPクラススタート: 79回

GP通算勝利数: 67回
125ccクラス勝利数: 12回
250ccクラス勝利数: 14回
500cc/MotoGPクラス勝利数: 41回
2位: 21回(125ccクラス:1回、250ccクラス:5回、500cc/MotoGPクラス:15回)
3位: 12回(125ccクラス:2回、250ccクラス:2回、500cc/MotoGPクラス:8回)

GP通算表彰台獲得数: 100回(125ccクラス:15回、250ccクラス:21回、500cc/MotoGPクラス:64回)
ポールポジション: 35回(125ccクラス:5回、250ccクラス:5回、500cc/MotoGPクラス:25回)
レース最速ラップ: 59回(125ccクラス:9回、250ccクラス:11回、500cc/MotoGPクラス:39回)

ワールドチャンピオン: 97年125ccクラス
ワールドチャンピオン: 99年250ccクラス
ワールドチャンピオン: 01年500ccクラス
ワールドチャンピオン: 02年MotoGPクラス
ワールドチャンピオン: 03年MotoGPクラス
ワールドチャンピオン: 04年MotoGPクラス

通算獲得ポイント数: 2467ポイント

パーソナルデーター

79年250ccクラスでランク3位だったグラシアーノ・ロッシの息子は、90年にミニバイクのレースに参加し始める。93年にイタリア125ccスポーツプロダクションに参加すると翌年にキャリア初タイトルを獲得する。

95年、アプリリアのファクトリーライダーとしてイタリア選手権125ccクラスに初挑戦、初制覇を果たし、世界舞台への切符を掴んだ。

GPキャリア:

1996年: 125ccクラス初参戦(アプリリア/スクデリアAGV)。ランク9位(111ポイント、1勝:チェコGP)

1997年: 125ccクラス2年目(アプリリア/ナストロ・アズーロ・チーム)。ランク1位(321ポイント、11勝:マレーシアGP、スペインGP、イタリアGP、フランスGP、オランダGP、イモラGP、ドイツGP、ブラジルGP、イギリスGP、カタルーニャGP、インドネシアGP)

1998年: 250ccクラス初参戦(アプリリア/ナストロ・アズーロ・チーム)。ランク2位(201ポイント、5勝:オランダGP、イモラGP、カタルーニャGP、オーストリアGP、アルゼンチンGP)

1999年: 250ccクラス2年目(アプリリア/アプリリア・グランプリ・レーシング)。ランク1位(309ポイント、9勝:スペインGP、イタリアGP、カタルーニャGP、イギリスGP、ドイツGP、チェコGP、オーストリアGP、オーストラリアGP、南アフリカGP、ブラジルGP)

2000年: 500ccクラス初参戦(ホンダ/ナストロ・アズーロ・チーム)。ランク2位(209ポイント、2勝:イギリスGP、ブラジルGP)

2001年: 500ccクラス2年目(ホンダ/ナストロ・アズーロ・チーム)。ランク1位(325ポイント、11勝:日本GP、南アフリカGP、スペインGP、カタルーニャGP、イギリスGP、チェコGP、ポルトガルGP、パシフィックGP、オーストラリアGP、マレーシアGP、ブラジルGP)

2002年: MotoGPクラス初年(ホンダ/レプソル・ホンダ)。ランク1位(355ポイント、11勝:日本GP、スペインGP、フランスGP、カタルーニャGP、イタリアGP、オランダGP、イギリスGP、ドイツGP、ポルトガルGP、ブラジルGP、オーストラリアGP)

2003年: MotoGPクラス2年目(ホンダ/レプソル・ホンダ)。ランク1位(357ポイント、9勝:日本GP、スペインGP、イタリアGP、チェコGP、ポルトガルGP、リオGP、マレーシアGP、オーストラリアGP、バレンシアGP)

2004年: ヤマハ移籍後のMotoGPクラス3年目(ヤマハ/ゴロワーズ・フォルトゥナ・ヤマハ)。16戦中15戦でランク1位決定(279ポイント、8勝:南アフリカGP、イタリアGP、カタルーニャGP、オランダGP、イギリスGP、ポルトガルGP、マレーシアGP、オーストラリアGP)

その他のデーター:

01年、史上最年少3クラス制覇(125cc、250cc、500cc)。過去にはフィル・リード(125cc、250cc、500cc)とマイク・ハイウッド(250cc、350cc、500cc)の2人のみ。

01年、史上4番目の若さで500ccクラス制覇。

04年オーストラリアGPで、史上5人目の通算100度目の表彰台獲得を達成。

04年開幕戦南アフリカGPで、史上初の異なる2メーカーでの連勝に成功。

04年オーストラリアGPで、ヤマハのライダーとしては初のシーズン8勝。

史上7人目の4連覇達成。

エディー・ローソン以来、異なる2メーカーでの連覇達成。

Tags:
MotoGP, 2004, CINZANO AUSTRALIAN GRAND PRIX, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›