初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

独占インタビュー:04年王者ダニ・ペドロサ

独占インタビュー:04年王者ダニ・ペドロサ

独占インタビュー:04年王者ダニ・ペドロサ

タイトル獲得までに僅か2ポイント獲得が必要な条件の中、ポイントリーダーのダニ・ペドロサは、シリーズ第15戦オーストラリアGPの決勝レースで、決してリスクを冒さない安定した計算された走りを見せ、4位でフィニッシュ。250ccクラスの史上最年少王者に耀いた。

常に慎重で落ち着いた19歳のスパニッシュライダーは、「夢が実現した。僕がこのタイトルを獲得したけど、困難な時期に支えてくれた全ての人たち。そして、レースを支えてくれたテレフォニカ、ホンダ、チームを思い出さなければいけない。僕たち全員の力で、このタイトルを獲得したんだ。特に、バルセロナのスポーツセンターの人たちに感謝したい。医師団やフィジカトルレーナーたちが、本当に細かいところまでサポートしてくれた」とシーズンを振り返る前に、感謝の意を述べた。

「もちろん、レースには勝ちたかった。そうなれば、タイトル獲得の最高の形になっただろうから。でも、予選2日目の転倒とウォームアップでバイクが止まってしまい、自信をちょっと失った。それに、レースでは終盤に風が強くなったから、転倒のリスクを避けるために、タイトル獲得を確実にするために、ポジャーリを先に行かした。とにかく、完走したかったんだ。ゴールラインを越えた時には、チームのみんなが喜んでいるのが見え、僕もヘルメットの中で号泣したよ。その後、スペイン国旗とチャンピオンTシャツを持って待っている友人を探した。でも、どこのコーナーで僕を待っているのか知らなかったから、ちょっと心配だった(笑)。」

250ccクラスのタイトルを獲得した舞台は、1年前に両足首を骨折する悲劇の舞台でもあった。冬の5ヶ月間はリハビリに専念。250ccバイクを初ライドしたのは、開幕の僅か3週間前。5周以上の連続走行ができずに、開幕戦の決勝レースを迎えた。

「5ヶ月間も走っていなかったから、レースに慣れるのにすごく苦労した。冬の間はずっと復帰することだけを考えていた。多くの人たちは250ccクラスでは無理だと言っていたけど、僕には自信があったし、南アフリカGPの優勝で、その疑問を一掃できた。」

開幕戦の優勝は、同時にクラス史上最年少勝者となり、現125ccクラス王者が250ccクラスの初レース優勝という、史上初の快挙を達成した。

「これほど早くクラスに順応したことに、僕自身も驚いた。でも、アルベルト(・プーチ)は、このような展開になることをシーズン前に説明してくれた。優れたライダーならば250ccクラスで、その能力を発揮すると言う。125ccクラスは全ライダーがポイント獲得圏内に近いところにいるけど、250ccクラスは全く別の次元だ。」

開幕戦で優勝して迎えた地元スペインGP。ペドロサには大きな期待が寄せられていたが、豪雨によるハードウェットのコンディションの中、ペドロサ自身が失望するミスを犯してしまった。

「予選から問題があり、バイクの性能を引き出せなかった。レインレースの中で、僕のベストレースだったから、ポジションをキープしたかった。『もう2度と転ばない』と自分に言い聞かせた。」

ペドロサは、第2戦スペインGPのうっ憤を晴らすように、フランスGPで初のポール・トゥ・ウインを決める。その後、4戦連続2位。ドイツGPとイギリスGPの2連勝で前半戦を終了した。

後半戦開幕のチェコGPでも3位表彰台を獲得。しかし、ポルトガルGPではネジを踏むアクシデントに見舞われたこともあり、4位でフィニッシュした。『フライウェイ』緒戦の日本GPでは、2度目のポール・トゥ・ウインを果たし、カタールGP2位、マレ-シアGP1位で、タイトルに王手をかけてオーストラリアGPを迎えた。

ルーキーのペドロサは、19歳のライダーとは思えないほど、1戦1戦に平静に取り組み、決してリスクを冒さない走りで、確実に高ポイントを連取。一方で、経験豊かなライダーたちはミスを冒していった。

「全てのレースでコンスタントにならなければいけないことは承知していた。毎レースで可能な限り高ポイントを獲得することに徹し、他のライダーたちのミスを活かした。僕たちも同じようにミスしたけど、、レースだけでなく、予選でも、全力を尽くして行った。」

新王者は、チームの1戦1戦のハードワークがタイトルをもたらしたことを強調した。「チームはとても重要。僕は素晴らしいチームに恵まれている。僕は彼らに100%を与え、彼らも僕に100%で応えてくれる。決して1人だと感じたことはない。いつも彼らから最高のものを与えてもらっている。」

04年250ccクラス王者は、昨年参戦できなかった最終戦バレンシアGPで、ファンの前でベストを尽くすことを誓った。

Tags:
250cc, 2004, CINZANO AUSTRALIAN GRAND PRIX, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›