初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ、05年へのテスト開始

ドゥカティ、05年へのテスト開始

ドゥカティ、05年へのテスト開始

ドゥカティのファクトリーチーム、ドゥカティ・マールボロが、シーズン第15戦オーストラリアGP終了後のフィリップアイランド・サーキットに延滞して、2日間のテストを実施した。

月曜と火曜に、バイクの安定性と旋回性の向上を狙った新型パイプフレームをテスト。同時に新型スイングアームをテストも行った。

シーズン初の表彰台を獲得したロリス・カピロッシとトロイ・ベイリスの2人のレギュラーライダーは、ニューパーツの確かな手応えを掴んだだけでなく、カピロッシ自身が決勝レースで樹立したコースレコード(1分31秒102)を更新。2人は2日目に1分31秒台を突破する1分30秒6をマークした。

「本当に満足するテストでした」とチームディレクターのリビオ・スッポはテストを振り返った。「2日間ともに好天候に恵まれた中で、いい仕事ができました。たくさんの興味深いデータを収集し、好タイムをマークしました。」

「ドゥカティのエンジニアたちと私たちのサポートメーカー、そしてチーム全員の目覚ましい努力によって開発された新しいパーツをテストすることができました。3連戦の後で披露困憊している中、2日間のテストに情熱を注ぎ仕事に取り組みました。」

「これは、日曜のレースでチームが再び活気を取り戻したことの表れです。好リザルトを獲得したとはいえ、これらの新しいパーツを投入していませんでした。テストでの走り込みが必要であり、必要な信頼性を保証するには十分でなかったからです。最終戦の後に、再びテストを実施します。」

Tags:
MotoGP, 2004, CINZANO AUSTRALIAN GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›