初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ、2戦連続の表彰台獲得に挑む

ドゥカティ、2戦連続の表彰台獲得に挑む

ドゥカティ、2戦連続の表彰台獲得に挑む

ドゥカティ・マールボロのチームディレクターであるリビオ・スッポは、最終戦バレンシアGPで2戦連続の表彰台獲得に挑戦する準備が出来ていることを強調。前戦オーストラリアGPで、昨年のバレンシアGP以来となる3位を奪取したロリス・カピロッシは、2年連続表彰台獲得に挑む。

「バレンシアには笑顔で乗り込めます」と話すスッポ。「まるでフィリップアイランドからシーズンがスタートしたかのようですが、今は最終戦をいい形で締め括りたいと思っています。2年前は偉大な挑戦でしたが、私達は決して休むことなく開発作業を続けてきました。そして、バイクはシーズンを通じて進歩しました。」

「エンジンとシャーシがシーズン中盤に良くなり、フィリップアイランドでようやく見放されていた幸運に恵まれ、予選1列目と表彰台を獲得することができました。」

「それに、レース終了後にサーキットに延滞して、05年型マシンの開発テストに役立つデータを収集することができたことも大きな収穫です。」

現在ポイントランク9位のカピロッシは、最終戦で少しでもランクを上げたいところだ。

「厳しい1年だったけど、僕たちは耐えず戦い、継続的に経験を積み、進歩してきた。表彰台はこの仕事に関係した全員に対するご褒美だ。最終戦でも上位で戦えることを楽しみにしている。」

「バレンシアは奇妙なコース。まるでカートコースのようだ。低速コーナーとショートストレートの連続で、MotoGPのバイクでは厳しい。125ccと250ccのバイクならば、エンジョイできるだろう。」

「率直に言って、フィリップアイランドやセパンのように、高速でテクニカルなコースの方を選びたい。走っていて、楽しいんだ。」

Tags:
MotoGP, 2004, GRAN PREMIO MARLBORO DE LA COMUNITAT VALENCIANA

Other updates you may be interested in ›