初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バルベラ、照準はランク2位

バルベラ、照準はランク2位

バルベラ、照準はランク2位

エクトル・バルベラは、地元グランプリとなる最終戦バレンシアGPで優勝を飾り、ポイントランク2位の座を勝ち取ることを宣言。同時に将来については、まだ決定していないが、特に心配していないことを明かした。

「率直に言って、将来のテーマについては不安はない。周囲がなぜ騒ぐのか分からないよ」と17歳のスパニッシュライダーは語る。

「250ccのオフィシャルマシンに乗りたいとは言った。あのクラスで唯一戦える方法だからだ。それ以外だったら、何もなし。僕のチームは全てが上手く行くように動いている。このことに、心から感謝している。全ては僕の代理人の手中にあり、僕はバレンシアのことだけを考えている。来年について決断する時間は、まだ十分にある。」

後半戦の不振でタイトル争いから後退したバルベラは、ランク2位のロベルト・ロカテリに5ポイント差のランク4位に位置している。「ランク2位は、1番目の敗者だ。だけど、浮き沈みの激しかったシーズンで2位になることはポジティブなことだ。」

「多くの失敗を思い出すことは苦労しないけど、もし、これほどバイクにいろいろなことが起こらなければ、もっと上に行けたのは間違いない。だけど、全体的に満足している。3勝を含めて6度表彰台を獲得した。上位で走った時には十分に楽しんだし、ファンもエンジョイしてくれたと思う。これが重要なんだよ。」

Tags:
125cc, 2004, GRAN PREMIO MARLBORO DE LA COMUNITAT VALENCIANA

Other updates you may be interested in ›