初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ、地元ファンとタイトル祝福に

ペドロサ、地元ファンとタイトル祝福に

ペドロサ、地元ファンとタイトル祝福に

ダニ・ペドロサは、夢のようなルーキーシーズンを優勝で幕を閉じたいことを打ち明かした。

史上最年少王者は、スペイン中を熱狂させたタイトル獲得から、今週末は約12万人が待つ最終戦バレンシアGPの舞台、リカルド・トレモ・サーキットで、昨年タイトル獲得報告できなかったうっ憤を晴らしたいと考えている。

「僕たちにとって、バレンシアは特別なレース。昨年はケガで走れなかっただけに、早く走りたくでウズウズしているんだ」と話す19歳のペドロサは、1年前、125ccクラスのタイトル獲得から5日後のオーストラリアGPの予選初日に転倒して、両足首を骨折していた。

「チャンピオンとして、地元グランプリに戻れることは、本当に最高だ。だけど、まだリラックスなんてしたくない。オーストラリアでは、タイトルを獲得できたことは本当に嬉しいよ。シーズン前には、とても考えることはできなかったからね。でも、4位だったから、正直、大満足というわけではないんだ。」

「だから、バレンシアでは高い集中力で、いい予選をしたい。そして、夢のようだったシーズンを最高の形で締め括れるように、決勝ではベストリザルトを狙いに行く。」

Tags:
250cc, 2004, GRAN PREMIO MARLBORO DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›