初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スズキ、ケニーの代役にラビーリャ起用を発表

スズキ、ケニーの代役にラビーリャ起用を発表

スズキ、ケニーの代役にラビーリャ起用を発表

スズキは、予選初日のフリー走行でトップだったケニー・ロバーツの代役として、テストライダーのグレゴリオ・ラビーリャを起用することを、午後の公式セッション前に発表した。

00年王者は、日本GPのオープニングラップで多重クラッシュに見舞われて左肘を脱臼。その後の4戦に欠場して、地元カルフォルニアでリハビリに専念していたが、まだ連続走行ができる状態でないことから、欠場する決断を下した。

「こんな経験は今までに受けたことはない。フィジカルコンディションが十分か分からない状態で決勝レースを迎えることはできない」と説明するケニー。「今回は来年のいいベースを固めるために、シーズン末前までに進歩することが狙いだったが、このコンディションでは無理だから、レースに欠場することにした。」

「フリー走行でいつも通りに走り、腕は大丈夫だったし、痛みはなかったけど、5~6周の連続走行後、バイクをコントロールするだけの力がなかった。」

「負傷後、10日間は絶対安静にしていた。それから、トレーニングを始めたけど天候が悪かった。それに今週末は、ギャリー・テイラーの最後のグランプリだから是が非でも走りたかった。」

チームマネージャーのテイラーは、「ケニーは、いいコンディションで再び速く走れることを証明しましたが、レースを走るための持久力が不足していました」と説明する。

「チームは残りのセッションとレースに、グリゴリオ・ラビーリャを起用することを決めました。安全面だけでなく、負傷完治への配慮から判断しました。それに、早期に決断を下したのは、グレゴリオに地元グランプリで好アクションへの可能性を与えるためです。」

Tags:
MotoGP, 2004, GRAN PREMIO MARLBORO DE LA COMUNITAT VALENCIANA, FP1, Kurtis Roberts

Other updates you may be interested in ›