初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

中野真矢、トップ10入り!

中野真矢、トップ10入り!

中野真矢、トップ10入り!

中野真矢は、最終戦バレンシアGPでカワサキ初シーズンの目標を達成した。

今年初め、キャリアをスタートさせたヤマハからカワサキに移籍。新天地でマシン開発のスピードアップを背負ったゼッケン56番の中野は、ポイントランク10位入りを目指して、テストをスタート。最終戦では今年ベストのスタートから7位でフィニッシュ。ライバルのマルコ・メランドリとルベン・チャウスを抑え、目標達成でカワサキ飛躍のシーズンを締め括った。

「最終戦の目標は、チャンピオンシップのトップ10に入ること。今年の集大成の結果を獲得することでした。両方を達成できて、とても嬉しいです。」

「予選こそ10位でしたが、今年1番のスタートが切れて、オープニングラップは7位。常に10位以内をキープでき、アレックス・バロスといいバトルができました。」

「中盤以降は前にグループから離されてしまい、単独7位走行となりましたが、ラップタイムは予想していた以上のタイムをコンスタントに出ていました。レース内容としては満足しています。今年はたくさんのことを学びしまた。カワサキとブリヂストンに感謝したいです。今年の結果を糧にして、来年はさらに上位を狙いたいです。」

Tags:
MotoGP, 2004, GRAN PREMIO MARLBORO DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Shinya Nakano

Other updates you may be interested in ›