初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バルベラ&バウティスタ、初の表彰台揃い組

バルベラ&バウティスタ、初の表彰台揃い組

バルベラ&バウティスタ、初の表彰台揃い組

セードルフ・レーシングのエクトル・バルベラとアルバロ・バウティスタが、シリーズ最終戦バレンシアGPで初めて2人揃って表彰台を獲得した。

03年ポイントランク3位のバルベラはシーズン4勝目を挙げ、バレンシア州出身のライダーとしては、初めて地元グランプリを制覇した。

「地元で優勝でき、ポイントランク2位になって、とても嬉しいよ。これ以上のことは望めない」と感激するバルベラは、2日に18歳の誕生日を迎えた。「シーズン中ずっと一生懸命に働いてきたチームに感謝したい。これが僕の125ccクラスでの最後のレースだろう。」

03年スペイン選手権王者のバウティスタは、ラスト4戦で3度目の表彰台を獲得。ランク10位から7位に浮上した。

「すごくハードなレースだった。ドビツィオーソとパブロ、ガデア、ロカテリとずっとバトルしていたからね。レース中盤には、リアタイヤが消耗してしまい、走り方を工夫しなければいけなかった。ストレートで引き離されたから、コーナーでカバーするしかなかったけど、グループからもう不可能と思われるぐらい引き離されてしまった。地元レースだから、もう1度表彰台に立ちたかった。最後は上手くまとめることができた。」

Tags:
125cc, 2004, GRAN PREMIO MARLBORO DE LA COMUNITAT VALENCIANA

Other updates you may be interested in ›