初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ディビス、大満足のトップ5入り

ディビス、大満足のトップ5入り

ディビス、大満足のトップ5入り

チャズ・ディビスは、シリーズ最終戦バレンシアGPで、前戦オーストラリアGPに続き6位でフィニッシュ。しかし、決勝レース後、3位でゴールした青山博一が失格となったことから、キャリアベストとなる5位に繰り上がった。

「素晴らしい!これ以上なことはないよ!」と10番グリッドからスタートしたイギリス人ライダーは、オープニングラップで19位までポジションを後退。そこから、スペクタクロな巻き返しを披露した。「スタートはすごく悪かった。この点は改善しないと。だけど、1ラップ目で5人ほど抜き、そこから、少しずつポジションを上げていった。」

「ラスト10ラップの時点で、前を走るフォンシ・ニエトに追いつくとは考えることも出来なかったけど、徐々に接近して、もしかしたらパスできるかも!と期待が膨らんだ。」

マレーシアGP9位。オーストラリアGP6位。そして、最終戦バレンシアGPではニエトを抜いて5位を獲得。3戦連続のトップ10入りを果たし、最高の形でシーズンを締め括った。そして、05年にベストマシンを手に入れ、初優勝を狙うことを期待している。

「みんなが見ているのは間違いなし。僕に注目してくれただろう」と17歳のクラス最年少ライダーは語る。「ここラスト数戦、チームはいい仕事をした。シャーシもエンジンも良く機能した。文句はないよ。ここ2戦は、アプリリアのベストプライベートライダーだったからね。」

「現状、将来に関しては宙に浮いている。所属しているアプリリア・ジャーマニーと交渉だけど、いいタイヤを履いて、もっといいバイクで走れると思う。ダンロップのサポートは大きな違いだ。」

「もう1年、アプリリア・ジャーマニーから参戦したい。2年間所属して、もし、コンディションが改善されれば、それはいいオプションだ。もう数週間待たなければいけないだろう。」

Tags:
250cc, 2004

Other updates you may be interested in ›