Tickets purchase
VideoPass purchase

バルベラ&ロレンソ、鮮烈デビュー!

バルベラ&ロレンソ、鮮烈デビュー!

バルベラ&ロレンソ、鮮烈デビュー!

フォルトゥナ・ホンダが最終戦バレンシアGPから4日後の4日、リカルド・トルモ・サーキットでの2日間のテストを終了。05年シーズンに向けて、エクトル・バルベラとホルヘ・ロレンソの新ラインアップが、ホンダRSW250を初ライドさせた。

2日目は昼頃から降り始めた雨のために、予定通りのテストを消化できなかったが、チームスタッフ全員は来シーズンに向けて手応えを掴んでいた。

アプリリアで125ccクラスのポイントランク2位を獲得したバルベラは、「まず最初に言いたいのは、チームの受け入れ態勢とレースへの環境にとても満足していることだ」と感想を語った。

「スピード感覚は125ccを大きく上回る。方向転換に多少苦労するけど、コーナーでは125ccバイクよりも踏ん張りが利く。エンジンも加速力が高い。」

デルビでポイントランク4位だったロレンソは、2日間の初テストに満足感を示した。「この時をすごく期待して待っていた。」

「始めにストレートでバイクを押さえつけることに苦労した。当然だけど、125ccのどのバイクよりもこのバイクはスピードを提供してくれる。初日はバイクに振られていたけど、徐々に慣れて行った。それに、走り込んだからすごく疲れた。加速力とポテンシャルには正直驚いた。ストレートエンドでのブレーキングの際に、シャーシが大きく曲がるけど、徐々に慣れて行った。大きな問題は特にない。」

チームディレクターのダニ・アマトリアンは、初テストに満足の評価を与えた。「今回のテストの目標は、来シーズンの開幕に向けて、重要な経験を積むことでした。」

「今はどんなプレッシャーからも開放されて走り込むことが大切です。従いまして、この準備段階の時期に、ラップタイムを提示したくありません。タイムも比較も気にするべきではありません。」

チームは今後、11月24日と25日にスペイン・ヘレスで、29日と30日にスペイン・バレンシアでテストを実施する。

Tags:
250cc, 2004, Jorge Lorenzo

Other updates you may be interested in ›