初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

雨に見舞われたバレンシア合同テスト2日目

雨に見舞われたバレンシア合同テスト2日目

雨に見舞われたバレンシア合同テスト2日目

MotoGPと250ccクラスのチームが参加してのバレンシア合同テスト2日目が4日、リカルド・トルモ・サーキットで行われた。05年シーズンに向けての前日よりスタートしたテスト最終日は、昼頃から雨が降り始めたために、予定よりも早い切り上げとなった。

ホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダから継続参戦が決定したニッキー・ヘイデンは、雨の中、1人数ラップを走行。非公式ながら、参加者中トップタイムの1分33秒1をマークするなど、数人の新しいメカニックと共に来シーズンに向けて意欲的にテストを消化した。

「今シーズンは、しなければいけないことを全てしなかったことを自覚している。僕のポテンシャルを全面的に信頼してチャンスを与えてくれたHRCに感謝している」とヘイデンは語った。

04年王者バレンティーノ・ロッシは、テスト初日に05年型マシンを初ライドさせて、1分33秒45をマーク。2日目は走行を見合わせれば、新チームメイトのコーリン・エドワーズと今シーズンのマルコ・メランドリのマシンを駆けたトニ・エリアスは、1日も早いM1への順応に向けて、走り込みに専念していた。

ドゥカティのファクトリーライダーであるロリス・カピロッシとカルロス・チェカもテストを実施。イタリアンライダーは初日にテストライダーのビトリアーノ・グアレッチがテストした改良型デスモセディチを初ライド。テスト後には、満足の表情を浮かべていた。

非公式ラップタイム

1. ニッキー・ヘイデン (ホンダ): 1分33秒1 40ラップ
2. マックス・ビアッジ (ホンダ): 1分33秒4 46ラップ
3. セテ・ジベルナウ (ホンダ): 1分33秒7 38ラップ
4. カルロス・チェカ (ドゥカティ): 1分33秒7 40ラップ
5. コーリン・エドワーズ (ヤマハ): 1分33秒9 33ラップ
6. ロリス・カピロッシ (ドゥカティ): 1分34秒8 28ラップ
7. トニ・エリアス (ヤマハ): 1分35秒1 44ラップ
8. マルセリーノ・ルッキ (アプリリア): 1分36秒4 25ラップ

Tags:
MotoGP, 2004

Other updates you may be interested in ›