Tickets purchase
VideoPass purchase

独占!ペドロサ&ドビツィオーソのRC211V初ライド映像

独占!ペドロサ&ドビツィオーソのRC211V初ライド映像

独占!ペドロサ&ドビツィオーソのRC211V初ライド映像

04年250ccクラス王者のダニ・ペドロサと125ccクラス王者のアンドレア・ドビツィオーソの2人が最終戦バレンシアGP決勝レースの翌日の1日、リカルド・トルモ・サーキットでホンダのMotoGPマシン、RC211Vを初ライドした。

「素晴らしい体験だった。ホンダはMotoGPマシンをテストする黄金のチャンスを与えてくれた。思いっきりエンジョイしたよ」と喜ぶペドロサは、59周ほど走り、1分35秒24をマーク。ドビツィオーソは1分36秒7だった。

「すごく興味深い。初めて4ストロークマシンを駆けたけど、ポテンシャルは強烈だった。テストできたことはすごく名誉なこと。すごく嬉しいよ。」

「バイクに乗っていて、だんだん乗り心地が良くなった。最初はこのポテンシャルをコントロールするのが難しく、スロットルを全開に開けることはできなかった。不可能だったし、転びたくなかったんだ。」

「250ccマシンよりもスライドするし、重さもあるからコーナーへの進入がちょっと難しかった。すごく興味深かったテストだったし、僕の人生で強烈な体験となった。」

週末のグランプリに引き続き、大挙して押し寄せたスペイン中のマスコミは、ペドロサのMotoGPクラスへの進出の可能性を示したが、新王者は250ccクラスに継続参戦することを強調した。「これは最高のプレゼントだった。だけど、僕の計画は来年も250ccクラスで走ること。MotoGPに行くためにはフィジカルコンディションを準備する必要がある。」 ペドロサとドビツィオーソのRC211V初ライドの独占ビデオ閲覧を希望する方は、ビデオリンクへアクセスしてください。

Tags:
250cc, 2004, Andrea Dovizioso, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›