初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

仲城英幸がスペイン選手権に挑戦

仲城英幸がスペイン選手権に挑戦

仲城英幸がスペイン選手権に挑戦

スペイン選手権第6戦バレンシア・ラウンドが今週末、リカルド・トルモ・サーキットで開催される。近年、世界選手権への登竜門としての地位を確立した125ccクラスには、来シーズンへのテストを兼ねて参戦するライダーも多く、世界16ヶ国から69人の外国人ライダーを含む、82人がエントリーした。

注目のライダーは、全日本選手権を制した仲城英幸と英国選手権王者のクリスチャン・エルキン、そして、ドイツ選手権王者のオーストリア人マイケル・ランセダー。さらに、今シーズン125ccクラスに参戦していたマヌエル・マンナ、マックス・サバターニ、セルジオ・ガデア、そして、来シーズンから125ccクラスに参戦することとなったエクトル・ファウベルらが、レギュラーライダーたちを前に貫禄の走りを見せるのか、見所である。

一方で残り2戦となり、タイトル争いは4人に絞られた。現在ポイントランク1位はダー若干15際のアレックス・エスパラガロ。2位には2勝をマークしているマヌエル・エルナンデェス。3位にヨーロッパ選手権2位のフリアン・ミラールエス。そして、トップから9ポイント差に接近してきたニコラス・テロールが、外国勢を前にどのようなパフォーマンスを見せ、世界にアピールするのか、興味深いところだ。

Tags:
125cc, 2004

Other updates you may be interested in ›