初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エリアス、腕上がり症で手術

エリアス、腕上がり症で手術

エリアス、腕上がり症で手術

トニ・エリアスは、左腕の腕上がり症状を治療するため、15日にバルセロナ市内の病院で手術を受けた。

「手術は成功しました。2週間後には抜糸をして、来シーズンに向けてのトレーニングを始めることができます」と説明する専門医のチャビエル・ミル医師は、先週末に同症状に悩んでいた青山博一の手術も担当した。

エリアスは、シーズン初表彰台を奪取したフランスGP終了直後に、3週間のブレークを利用して、右腕上がり症の手術を同医師の下で受け、続くイタリアGPに参戦していた。

「僕は大丈夫。医師は手術はパーフェクトだったと説明してくれた」とスパニッシュライダーは、来シーズンからのMotoGPクラスに挑戦する前に、冬季期間を利用してフィジカル問題をクリアーにした。「来年に向けての準備に入る前に、少し休養したい。」

Tags:
MotoGP, 2004

Other updates you may be interested in ›