初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

小山知良、世界進出決定に期待

小山知良、世界進出決定に期待

小山知良、世界進出決定に期待

小山知良は、来シーズンにMotoGP世界選手権125ccクラスに参戦するため、現在、チームと交渉を進めていることを認めた。

「昨年も今シーズンのオファーをいただきましたが、その時は状況があまり良くありませんでした」と21歳の小山は説明する。「最終戦バレンシアGPの前に、同じチームからもう一度オファーをいただき、話しをするためにバレンシアに行きました。今も交渉は順調に進んでいます。」

小山は今シーズン前、05年からの世界舞台に進出するために、250ccクラスからルーキーシーズンに全日本選手権のタイトルを獲得した125ccクラスにスイッチ。チェコGPと日本GPには、ワイルドカードとして挑戦していた。

「今シーズンは、もう一度125ccクラスに参戦しました。250ccクラスより、世界選手権に参戦する可能性が高いからです。」

「全日本の合間をぬって、2戦に参戦しましたが、みんなマシンのセッティングが早く、スタートからすごく勢いがありました。全日本では決して体験することはできません。いい経験になりました。」

「いつでも、バイクに乗れる準備はできています。毎日、フィジカルトレーニングを行い、週に一度はモトクロスをしています。交渉が上手く行き、05年のことが早く決まることを願っています。」

Tags:
125cc, 2004, Tomoyoshi Koyama

Other updates you may be interested in ›