初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スペイン選手権: エスパルガロが逆転制覇

スペイン選手権: エスパルガロが逆転制覇

スペイン選手権: エスパルガロが逆転制覇

スペイン選手権の最終戦ヘレス・ラウンドが21日、ヘレス・サーキットで行われ、MotoGP組のシモーネ・コルシが優勝。アレックス・エスパルガロが、初タイトルを獲得した。

最終戦までもつれ込んだタイトル争いは、予選1日目のフリー走行中にランク2位のマヌエル・エルナンデェスが足首を骨折したために、若干15歳同士の決戦となったが、ランク3位のエスパルガロは堅実な走りで4位にフィニッシュ。対して、前戦で1位に浮上したヨーロッパ選手権ランク2位フリアン・ミュラーレスはポイント圏外の29位に沈んだことから、逆転で初タイトルを奪取した。

前戦同様に多彩な顔ぶれが揃ったヘレス・ラウンド。世界12ヶ国67人が予選に参加。上位38人による決勝レースは、05年シーズンへのテストを兼ねてアプリリアのファクトリーマシンを初ライドさせたコルシが、ポールポジションからMotoGPライダーの貫禄を見せ、アプリリア・デビューを鮮やかに飾った。

125ccクラスに参戦するエリット・グランプリのジュニアチームが3人を起用。ドイツ人サッシャ・ホンメルが、今シーズンのドイツ選手権を制覇したレッドブルKTMジェニアのオーストラリア人マイケル・ホンメルを抑えて、2位を獲得した。

フル参戦組では、前戦勝者のセルジオ・ガデアが9位。ジェルディ・カルチャノが11位。250ccクラスから125ccクラスにスイッチすることが決定しているエクトル・ファウベルは27位だった。

前戦に続き、連続参戦した全日本選手権王者の仲城英幸は10位でフィニッシュした。

最終ポイントランクは、エスパルガロが88ポイントで制覇。ミラーリェスは7ポイント差の2位。エルナンデェスは2年連続の3位となった。

Tags:
125cc, 2004, Simone Corsi

Other updates you may be interested in ›