初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヘレス合同テスト初日: ドゥカティがブリヂストンを初テスト

ヘレス合同テスト初日: ドゥカティがブリヂストンを初テスト

ヘレス合同テスト初日: ドゥカティがブリヂストンを初テスト

MotoGPのファクトリーチームが参加しての合同テストが23日、スペインのヘレス・サーキットでスタートした。

ドゥカティ・マールボロは、初めてブリヂストンタイヤをテスト。ロリス・カピロッシとカルロス・チェカに加え、スーパーバイク世界選手権に参戦しているレジス・ラコーニがサポ-ト役として登場した。レギュラーライダーの2人は、バレンティーノ・ロッシが03年にマークした最速ラップ1分42秒788を上回るラップタイムを記録していたが、カピロッシはテスト開始のこの段階に、タイムに注目する必要はないことを強調した。

「テスト初日の今日は、決定的に大きく進歩することはできなかった。初めてブリヂストンを履いた新型マシンでテストに取り組んだ。とにかく、感触はいい。ブリヂストンは僕たちのために仕事をしてくれる。タイヤメーカーのチェンジはドゥカティの決定。ベストの選択だからだ。」

「今シーズン、ブリヂストンは幾つかのサーキットでとても良く機能したし、そうでないサーキットもあった。来シーズンはコンスタントに上位に進出できることを期待している。僕たちにはやらなければいけない仕事がたくさん控えているけど、いい方向性にある。」

プロトンKRはジェリミー・マクウィリアムスを起用して、KTMエンジンをテストすれば、アプリリアは負傷から復帰したシェーン・バインと開発ライダーのマルセリーノ・ルッキが今年最後のテストを開始した。

カワサキの中野真矢とアレックス・ホフマン、そしてテストライダーの伊藤真一がブリヂストンタイヤをテストした。

ホンダ勢は24日からテストを開始する。

合同テスト初日 非公式ラップタイム:

ロリス・カピロッシ (ドゥカティ): 1分42秒293 (52ラップ)
カルロス・チェカ (ドゥカティ): 1分42秒471 (55ラップ)
アレックス・ホフマン (カワサキ): 1分42秒689 (75ラップ)
中野真矢 (カワサキ): 1分43秒009 (66ラップ)
レジス・ラコーニ (ドゥカティ): 1分44秒185 (47ラップ)
シェーン・バイン (アプリリア): 1分44秒755 (38ラップ)
ジェリミー・マクウィリアムス (プロトンKR): 1分45秒695 (26ラップ)
マルセリーノ・ルッキ (アプリリア): 1分45秒868 (19ラップ)

Tags:
MotoGP, 2004

Other updates you may be interested in ›