初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

心機一転のチェカ、ブリヂストンを評価

心機一転のチェカ、ブリヂストンを評価

心機一転のチェカ、ブリヂストンを評価

カルロス・チェカは、最終戦バレンシアGP直後にヤマハM1からドゥカティ・デスモセディチに乗り換え、今週のヘレス・テストではミシュランからブリヂストンに履き替えて、素早い順応性を披露した。

ヘレス・テストの3日目には、バレンティーノ・ロッシが5月のスペインGPの際に樹立したポールポジションタイム1分40秒818を非公式ながら大きく上回る1分40秒065を叩き出し、手応えを掴んだ。

「3日間の成果には当然、とても満足するものだ」とチェカは振り返った。「記録したタイムだけを見るなら、そう多くを説明する必要はないけど、まだ冬期テストがスタートしたばかり。勝利に向けて、より戦闘力のあるバイクを仕上げるために、ハードワークが控えている。」

「今回のヘレスと次回のバレンシアで1月からの本格的なテストに向けて、根本的なセッティングを決めているところだけど、この結果は全員にモチベーションを注ぐことになるだろう。」

Tags:
MotoGP, 2004, Carlos Checa

Other updates you may be interested in ›