初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ミランドリ、RC211Vをエンジョイ

ミランドリ、RC211Vをエンジョイ

ミランドリ、RC211Vをエンジョイ

マルコ・メランドリは、テレフォニカ・モービスター・ホンダでポジティブなスタートが切れたことを語った。

ヤマハでの2シーズンを経て、11月にはスペインのヘレスとバレンシアでテストを実施。M1からRC211Vへの乗り換えに向けて意欲的に走り込んだ。「フィーリングがすごく良くなっているから、すごく嬉しいんだ」と手応えを強調。「ヘレスではトラクションに問題があったけど、バレンシアではミシュランが数ヶ月前に使用したタイヤを持って来てくれ、感触がすごく良くなった。」

「バイクは良く走るし、リズムも上がっている。ヘレスではセテ(・ジベルナウ)に離されたけど、バレンシアではだいぶ近づいた。素晴らしいチームで一緒に仕事ができ、笑みが絶えないね。またバイクを楽しんでいる。」

「少しだけセッティングをした。ライディングポジションを調整したら、すごく乗り心地が良くなった。これからは新しいタイヤでフィーリングを見つけなければいけない。僕はまだ速いライダーじゃないけど、僕の目標はバトルへの準備を整えることだ。」

「好フィーリングを掴むために、今はフルタンクで、7~8周ほどの連続走行に取り組んでいる。満足の仕事ができているし、この時期、ラップタイムは重要ではないから、タイム表示のモニターを消している。バルセロナの公式テスト前に、予選タイヤをテストしたい。」

ミランドリのRC211Vテストとインタビューを撮影したビデオの閲覧を希望する方は、ビデオリンクまでアクセスして下さい。

Tags:
MotoGP, 2004, Marco Melandri

Other updates you may be interested in ›