初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ウィットビーン、アプリリア退団を発表

ウィットビーン、アプリリア退団を発表

ウィットビーン、アプリリア退団を発表

アプリリアのレース部門責任者であるヤン・ウィットビーンは、イタリアンファクトリーに辞表を提出して、今月末に15年間の活動に幕を閉じることを発表した。

58歳のオランダ人技術者は、最終戦バレンシアGP終了後に退団の意思を伝えたことをmotogp.comのインタビューで明かした。

「バレンシアで、これ以上仕事を継続する意思がないことを口頭で伝えました。辞表を提出し、先週受理されました。今、公表する時期が来ました。」

「89年からアプリリアに協力し、15年半の間に通算176勝を挙げ、ライダー部門で13度、コンストラクター部門で10度。通算23度のタイトルを獲得しました。私は多くのことを捧げ、私にたくさんのことをもたらしてくれました。何も問題なく、何も口論もなく、満足して退団します。」

アプリリアがコンペティションプログラムに立ち向かう際の責任者の立場を維持してきたウィットビーンは、意見の違いから退団すること説明した。「目標は常にタイトル獲得です。しかし、ここ2年間はプロジェクトを検討する際に考え方が異なりました。ピアッジオ・グループの参入を確認して、プロジェクトが変更されるだろうと期待していましたが、そのような意思表示はなく、別れを告げる時が来たと思います。」

ウィットビーンは契約満期となる12月末までアプリリアで仕事を続け、その後は休息することを語った。「将来の具体的なプロジェクトはありません。現場から少し距離を置き、家族と一緒に過ごす時間が必要です。そして、冷静に将来の職業上の決断を下したいです。」

アプリリアを円満退団することを強調する一方で、他のファクトリーに協力する可能性があることを認めた。「可能性を除外しません。アドバイザーとして他のプロジェクトへの話しがありましたが、今すぐに決断することではありません。具体的になった時に評価します。」

Tags:
MotoGP, 2004

Other updates you may be interested in ›