初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ディビス、05年シーズン参戦へ

ディビス、05年シーズン参戦へ

ディビス、05年シーズン参戦へ

チャズ・ディビスは、250ccクラスに継続参戦するか、また他の可能性を求めるか、決断の時が迫っていることを語った。

17歳の英国人ライダーは、今シーズンのラスト2戦で6位、5位と連続して好成績を獲得。現在所属しているアプリリア・ジャーマニーと、06年からのファクトリーマシン獲得を含めて交渉を進めている。

「チャンピオンシップに残留したいけど、MotoGPに参戦するためには250ccクラスへ継続参戦するのがベストなのか、じっくりと考えている」とディビスは心境を語る。「スーパーバイクの経験を積み、数年後にチャンピオンシップへ復帰することも悪くないと思う。」

「チームは僕の継続参戦するために努力し、ベストマシンを準備することを約束してくれた。タイヤもベストなものを使用できるだろう。これはいいことだけど、多くのファクトリーバイクが参戦し、プライベートライダーのナンバー1を狙い、ファクトリーライダーにバトルを挑むことが、右肩上がりの成長過程を維持できるのか分からない。」

「04年は本当に厳しかった。05年はそれ以上だ。125ccクラスからファクトリーマシンを駆ける速いライダーたちが参戦してくる。合計15台のファクトリーマシンだ。」

「シモーネ・コルシに敬意を持つけど、ホンダのファクトリーマシンを駆けて参戦した125ccクラスでポイントランク13位だった彼が、アプリリアのファクトリーチームから250ccクラスに参戦することには驚きだった。彼のライダーのしての能力には疑いはないけど、僕はプライベートマシンで13位で終わった。こちらの方が大きな成功ではないか。」

「イギリスのスーパーバイク選手権に参戦するレベルの高いチームからオファーがある。良く考えないと。」

「僕の夢はMotoGPで走ること。だから、全てを早急に解決しないと。ライダーとしての能力はもう証明できたと思う。表彰台を争う時が来た。そのためにもファクトリーマシンが必要なんだ。」

Tags:
250cc, 2004

Other updates you may be interested in ›