ヘイデン、左膝に不安

Tuesday, 28 September 2004

ヘイデン、左膝に不安

ニッキー・ヘイデンが、今週末のシーズン第13戦カタールGPに万全の体調で臨めないことを打ち明かした。チェコGP終了後、イタリア国内でスーパーモタードを走行中に転倒を喫して、鎖骨を骨折。同時に左膝の靭帯を傷めたが、予想以上に回復が遅れている。

「今シーズンは、本当に奇妙だ」と語るアメリカンライダーは、前戦日本GPではスタート直後の1コーナーで多重クラッシュに巻き込まれ、転倒リタイヤした。

「幾つもの状況が重なり、すごくハードなシーズンだ。だけど、あまり言い分けをしてもしょうがない。少なくても、ここドーハでは全員が0からのスタートだ。この挑戦に立ち向かう準備はできている。」

「フィジカル的には、少しは良くなった。肩の方は徐々に回復しているけど、膝の方は治療を受けているにも関わらず、あまり良くならないんだ。心配だよ。」

「ここまでは、あまり運がなかったけど、不運なんて長続きしないものさ。」

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising