F1モントーヤがライダーズ・フォー・ヘレスに協力

Saturday, 1 May 2004

F1モントーヤがライダーズ・フォー・ヘレスに協力

『ライダーズ・フォー・ヘルス』の活動を積極的に展開するスペイン人ライダーたちのグループ『モトス・ソリダリアス』が、第2戦スペインGP期間中の1日、F1ドライバー、ファン・パブロ・モントーヤの名誉メンバー入り特別セレモニーが行われた。

今年のパリダカ勝者のナニ・ローマとスペインの人気料理人カルロス・アルギニャーノの2人も、モントーヤと共にアフリカの救済活動に取り組む慈善団体の名誉メンバーとなった。

「僕にとって、これは大変名誉なことです。活動を積極的に展開するモトス・ソリダリアスの全メンバーとランディ・マモラに感謝します」とMotoGPファンのモントーヤは話す。「僕は妻と一緒に、コロンビアの子供たちにスポーツを楽しんでもらおうと慈善活動に協力しています。このような方法で人々を助けることを素晴らしいことです。」

MotoGPファンとして有名なモントーヤは、MotoGPの運営に称賛すると共に日曜の決勝レースを楽しみにしていることを語った。「MotoGPとF1のプロフェショナルな運営は、同等なレベルにあると思います。ファンや雰囲気に関しては異なり、メンタリティーは全く別で、僕は大好きです。日曜の決勝レースがすごく楽しみ。MotoGPは常にスペクタクロで、たくさんのアクションが展開されます。優勝者は誰と予想したくありません。特別に誰かを応援したくありませんから。」

『モトス・ソリダリアス』は今回の名誉メンバー入りのセレモニー以外に、グランプリ開催前日の木曜に「MotoGP体験」として、ファンがヘレス・サーキットの1ラップを体験するイベントを行い、11,300ユーロ(約150万円)の募金を収集した。この「MotoGP体験」は、カタルーニャGPとバレンシアGPでも実施する。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising